アナログ波停止・地デジ化対策・kidateruのホームページ

 アナログ波停止後のデジタルテレビの変化がすごい!

  

2011年7月24日に、アナログ波が停止されました。
あっという間の8年でした。


 アナログ波停止から、8年が経過して4K・8Kという時代 になりました。ブラウン管テレビを修理していた時代の人間ですので、間違った記述があるかも知れませんが勉強のきっかけになれば と思っています。
 勉強のきっかけのため、私が理解できていない事も記述しています。他の文献等で深めて頂ければと思います。

 4K・8Kの時代とはいえ、なんと言っても基幹の放送は地上波デジタル放送です。

アナログ波停止でテレビ放送は、デジタル化されました。

アンテナ自前派のホームページへようこそ!

 デジタル化という時代の流れで、アナログ波停止以後はすっかり薄型テレビに変ってしまいました。
 デジタル放送では、映像、音声等のデジタルデーターを細かく分けたパケットとして送られてきます。
 テレビの進化をリアルタイムで見てきた団塊の世代ですが、初めてBSデジタル放送を見たときは映像の美しさに感動したものでした。
 ケーブルテレビも盛んですが、自前のアンテナが一番安いと信じています。
 UHFアンテナとBS/110度CSのパラボラアンテナ、それとネット環境があれば充分と思っています。








 

気になる4K・8K放送

 地上波デジタル放送を勉強するつもりで始めたサイトですが2018年12月から4K・8Kの本放送 が始まったという事で無視できなくなりました。
 以下は 総務省放送サービス高度化推進協会 のホームページの概要の概要です。


  • 4K本放送 : BS右・左旋円偏波と110度CS左旋円偏波で放送されています。
  • 8K本放送 : BS左旋円偏波で放送されています(BS14Ch)。
  • 4K・8Kの試験放送に使用していたBS-17とBS-7で4Kの6波(民放5波とNHK)が放送されます。これ等 は右旋円偏波ですので従来のBSアンテナがそのまま使えます。
  • BS-7はスカパー!が使用していましたが、本放送が始まる前に BSチャンネルの再編が行われました。
  • 現行の2K放送は、地デジ、BS、110度CSで継続して行われています。


 ケーブルテレビ利用のお家でも、右・左旋円偏波用のBS・110度CSアンテナを建てるメリットがあると思います。 ケーブルテレビのブースターにBSアンテナを接続する端子が付いているかもしれません。

 * BS-7、BS-17とは衛星の中継器(トランスポンダー)の番号の事です。BS-7チャンネル、BS-17チャンネルともいいます。 参考BSデジタル  

サブメニュー

アナログテレビ
D端子はアナログ信号

地デジ放送の受信

BS・110°CS
共用パラボラアンテナ

ホーム共聴
全ての部屋でBS放送

IPTV
インターネットTV

110度CS放送
(スカパー!)

地デジテレビの仕組み
まだまだ途中ですが

BS11、Twellv
アナログBSのあと

壁端子作業
シールド性の高い物を

ネットワーク
まだまださわりです

伝送速度について
帯域幅と伝送速度

4Kテレビ
4Kで表示できるテレビ


このページの先頭へ

最近のテレビ環境

 最近はケーブルテレビに加入しなくても、UHFアンテナとBS/110度CSアンテナがあれば地上デジタル放送、 BS放送、及び有料ではありますが110度CS放送(スカパー!)、WOWOWを見る事ができます。
 更にネット環境があれば、アクトビラ、ツタヤTV等のIPによる動画配信サービスを利用する事もできます(有料)。
 アンテナとインターネット環境が必要ですが、STB(セットトップボックス)は必要ありません。

 アンテナで受信した地上波デジタル放送、BS/110度CS放送は各部屋への分配もできて、ブルーレイレコーダーへの録画も各部屋でスムーズにできます。

 ケーブルテレビを否定するものではありませんが、アンテナを建てる事によるメリットは大きいと思います。ケーブルテレビ に加入していてもBSアンテナだけでも建てればテレビ観が変わることと思います。

 4Kチューナー内蔵の4Kテレビを買ってしまったら、BSアンテナを建てないともったいないです。  

我家のUHFアンテナ

  上の写真のUHFアンテナは 、ホームセンターで手に入れた八木アンテナの14素子です。2,500円位で売っていました (同軸ケーブル、ポール、屋根馬、ステーは別です)。

 ご自分でアンテナ工事をされる時は危険が伴いますので充分な注意が必要です、プロに頼みましょう。

アナログ波が停止された瞬間の画面

アナログ1

 アナログ波停止が、実行された2011年7月24日正午の画面です。

 デジタル化は世界的な流れのようですが、惜しまれつつアナログ波が停止されました。ニュース番組等を観ていますと、映っている映像の中に まだブラウン管テレビを見かけたりします(どうされてるのかな?)。


 写真をクリックで拡大。

マイライフに合ったテレビを!

 4K・8Kの本放送が始まる時代になり、テレビメーカーのラインアップを見ても4Kテレビが中心です。(32型以下の少ないこと!)
 これってユーザーが望んだ事でしょうか、国とメーカーに踊らされているように思うのは私だけかも知れませんが、民放各社 も4Kの放送をするとなると、4Kにふさわしいコンテンツがどれ程あるのかと思います。
 テレビが複雑になり、故障リスクも高くなるのではないかと心配しています。
 昔は、各メーカーの配線図集等も売られていましたが、今ではブラックボックスでデジタル化された基板内はさわりようもありません。 (修理代が高くつく)



お問合せ、ご意見はここをクリック




このページの先頭へ

トップページ
アナログテレビ
地デジの受信
BSデジタル
アンテナ分配
液晶TV取扱注意
デジタル化テレビ
110度CS放送
壁端子作業
地デジのしくみ





知っておきたい地上デジタル放送 [ NHK受信技術センター ]

価格:1,620円
(2017/1/1 14:49時点)



お金をかけないで深く勉強したい方。

「地デジTV用プリアンプの実験」の著者、国野 亘さんの ホームページです。バナーをクリックして下さい。
 お気に入りに登録して、じっくり勉強しましょう。