アナログ波停止・地デジ化対策・ kidateruのホームページ

 BSアンテナでBS放送、110度CS放送、4K放送が受信できます

BS/110度CSアンテナは、すぐれ物


 地上波デジタル対応のテレビは、BSデジタルもたいていは受信できるはずです。
それ以外に110度CS放送(スカパー!)も受信できるはずです。
 東経110度の赤道上に、BSの衛星と110度CSの衛星が打上げられており、一つのパラボラアンテナBSデジタル放送と110度CS放送が受信出来ます。

 4Kテレビをお持ちなら、4Kチューナーが必要ですが2018年12月から始まったNHKと民法5社の4K本放送も受信できます (全ての4K8K放送の受信には右・左旋円偏波用のアンテナが必要)。

 ケーブルテレビに加入しているお家でもパラボラアンテナは、建てるべきと思います。STBのつながっていないテレビ でもBS放送を観ることができます。


衛星位置

 上の写真は15年位前に設置した、BS、110度CS共用アンテナです。


右旋円偏波のBSチャンネル

 2018年12月1日から4Kの本放送が始まりました。従来の右旋円偏波でNHKと民放の計6本が4Kで放送されます(BS日テレは2019年 9月から)。

 右旋円偏波ですので、従来のBSアンテナでも4Kチューナー内蔵テレビまたは、4Kチューナーと4Kテレビがあれば、この6本の4K放送 受信することができます。

 同時に、左旋円偏波で4K・8Kの本放送も始まりました(右・左旋円偏波用アンテナが必要です)。

右旋円偏波用アンテナで受信できる放送
 4K放送のため、再編されたトランスポンダのBS放送の配置です。
 トランスポンダの( )内の数字はアンテナ出力の中心周波数です。

トランスポンダ3桁表示チャンネル名スロット数備考
 1ch
11.72748GHz
(1049Mhz)
151BS 朝日16リモコン5
161BS−TBS16リモコン6
171BSテレビ東京16リモコン7
 3ch
11.76584GHz
(1088Mhz)
191WOWOWプライム24リモコン9
103NHK-BSプレミアム18リモコン3
256ディズニーチャンネル6スカパー!
 13ch
11.95764GHz
(1280Mhz)
141BS日テレ16リモコン4
181BSフジ16リモコン8
236BSアニマックス16スカパー!
 15ch
11.99600GHz
(1318Mhz)
101NHK−BS120リモコン1
201スターチャンネル213スカパー!
202スターチャンネル313スカパー!
 5ch
11.80420GHz
(1126Mhz)
192WOWOWライブ24
193WOWOWシネマ24
 7ch
11.84256GHz
(1165Mhz)
151BS朝日 4K40リモコン5
171BSテレビ東京 4K40リモコン7
141BS日テレ 4K40リモコン4
 9ch
11.88092GHz
(1203Mhz)
211BS1118リモコン11
200スターチャンネル115リモコン10
222TwellV15リモコン12
 11ch
11.91928GHz
(1241Mhz)
241BSスカパー!日16スカパー!
238FOXスポーツ16スカパー!
231放送大学16
 17ch
12.03436GHz
(1356Mhz)
101NHK-BS 4K40リモコン1
161BS-TBS 4K40リモコン6
181BSフジ 4K40リモコン8
 19ch
12.07272GHz
(1395Mhz)
234グリーンチャンネル16スカパー!
242J スポーツ116スカパー!
243J スポーツ216スカパー!
 21ch
12.11108GHz
(1433Mhz)
252シネフィルW0WOW16スカパー!
245J スポーツ416スカパー!
244J スポーツ316スカパー!
 23ch
12.14944GHz
(1471Mhz)
251BS釣りビジョン16スカパー!
255BS日本映画専門チャンネル16スカパー!
258Dlife16無料

2018年12月現在。

参考 : スカパー!のチャンネル一覧

左旋円偏波の4K・8K BSチャンネル

 右・左旋円偏波用BS・110度CSアンテナが必要です

 
トランスポンダ3桁表示チャンネル名スロット数備考
 8ch
11.86174GHz
(2357Mhz)
211ショップチャンネル 4K40リモコン11
2214K QVC40リモコン12
203ザ・シネマ 4K40リモコン10
 12ch
11.93846GHz
(2433Mhz)
191WOWOW40リモコン9
2020年12月
 14ch
11.97682GHz
(2472Mhz)
102NHK BS 8K120リモコン2

 トランスポンダの( )内の数字はアンテナ出力の中心周波数です。

このページの先頭へ

左旋円偏波の4K 110度CSチャンネル

 右・左旋円偏波用BS・110度CSアンテナが必要です

 
トランスポンダ3桁表示チャンネル名スロット数備考
 ND9
12.431GHz
(2926Mhz)
821J SPORTS-1 4K60
822J SPORTS-2 4K60
 ND11
12.471GHz
(2966Mhz)
823J SPORTS-3 4K60
824J SPORTS-4 4K60
 ND19
12.631GHz
(3126Mhz)
881スターチャンネル 4K60
882スカチャン1 4K60
 ND21
12.671GHz
(3166Mhz)
883スカチャン2 4K60
 ND23
12.711GHz
(3206Mhz)
880日本映画+時代劇 4K60

 トランスポンダの( )内の数字はアンテナ出力の中心周波数です。

BSデジタル放送のチャンネル(右旋)

トランスポンダーのチャンネル

衛星チャンネル

数字は、BSアンテナ出力のIF中心周波数です。

 上図の1、3、13、15chはBSデジタル放送が始まってからのチャンネルで、5、7、9、11chはBSアナログ 時代に使っていたチャンネルです。17、19、21、23chは2012年に追加されたチャンネルです。

 17chは地上波デジタル難視聴対策用として2015年3月31日まで放送してしていましたが、その後は4K・8K 本放送の為の試験放送が2018年7月23日まで行われていました。

 試験放送の後は、7chと17chで民放5波とNHKの計6波で4K放送が行われています(右旋ですので従来のBSアンテナで受信できます)。

 一つのトランスポンダーの帯域幅は34.5MHzですが、これは4K・8Kになっても変わりません。この帯域幅で複数の放送局に スロット数で割り当てられます。
 現代のハイビジョンでは、一つのトランスポンダーは48スロットですが、4K・8Kの場合は圧縮方式、変調方式の違いにより120 スロットになります。1スロットあたりの伝送速度はおよそ1Mbpsです。

BSアンテナの設置調整

設置調整
ボルトを緩め、マストの上に乗せます。この際、がたつかないように、そして調整できるようにボルトを仮締めします。(Aのボルト)
.まず仰角を合わせます。(写真@)アンテナ本体に目盛がついています。 ボルトは、硬くしめない、簡単に動かない程度に仮止めします。

.次は、受信レベルを見ながら、ゆっくり左右に振ります。受信レベルが最大のところ でAのボルトを締めます。この時、レベルを確認しながら 左右交互 にしっかり締めます。

.方向が決まったところで、仰角を再調整してレベルが最大になるようにします。 最大になったところでボルトをしっかり締めます。実際の映像を確認して終了です。

* アンテナのコンバータの接栓と測定器またはレベル確認用テレビとを接続する適当な長さのケーブル(両端にF型コネクター)が 必要です。

仰角目盛の実際

仰角目盛

設置する地域による仰角の目安が表示されています。

BSアンテナ2  南西方向にベランダがあれば、BS・110度CSのパラボラアン
テナを取付け、仰角と方向を調整します。(調整は、シビアです。)
 ケーブルは、壁に穴を開けるかエアコンの配管穴を利用します。
 既設のUHFアンテナと屋外で混合すれば穴開けは不要で、一本のケーブルでテレビ まで引っ張れます。

受信レベル ベランダに設置できるようであれば、小型のテレビを近くまで移動させ てテレビのアンテナ設定画面を見ながら設置調整を行なえばよいと思います。
(レベルチェッカーがあれば、テレビの移動など不要です。)


ケーブルテレビのBS/110度CS放送の視聴

 ケーブルテレビで地上波デジタル放送がパススルーでも、BS/110度CS放送がパススルーでないケーブルテレビの場合はSTB がないとBS/110度CS放送の視聴が出来ません。
 各、部屋ごとにSTBを設置すると、毎月の費用が大変です。

 BS/110度CSのパラボラアンテナを建てれば、各部屋に分配出来て、STB なしでBSデジタルとスカパー!が視聴できて、録画も簡単です。
 最近では、4Kチューナー、4Kテレビがあれば4K放送も視聴できます。

 南西方向にベランダがあれば、自分でも取り付ける事が出来ますす。

 STB : ケーブルTV局用のチューナーでセットトップボックスと言います。
       (トランスモジュレーション方式といいます。)   

BSデジタルの全チャンネルは満足に受信できていますか?

 BSデジタル放送が開始された頃は、NHKのBSだけが受信出来ない、受信出来るがレベルが低くてブロックノイズが入る。このような事 がマンション等で起こっていました。

 これは、NHKのBS1(101)、BSプレミアム(103)の物理チャンネルが当時は最高のBS15チャンネル(周波数が高い)になっていた為でBSアンテナ からテレビまでのケーブル配線の周波数特性が悪く、高い周波数での損失が大きいからでした。

 この様に、アンテナケーブルの損失が大きいと、周波数の高いチャンネルの受信が困難になります。
 BS23チャンネル(BS258)で放送されているDlife(無料)もケーブル配線の減衰が大きいと受信できません。

 アンテナケーブルは、S-5C-FBが無難です。分配器等も損失の少ない“SH”マークが表示された物を使用しましょう。 

 

BS11、BS12は視聴できていますか?

BS11,12
写真をクリックで拡大

 
 過去にBS−9chでアナログのハイビジョン放送が行なわれていましたが、その跡に、BSデジタル放送 のBS11chとBS12chが放送されています。BSデジタル放送の画面にして、リモコンの3桁入力で 211を選べばBS11chが、222を選べばBS12chが受信できます。

 アクオスのLC20AX6の例ですが、BS11chが映っている状態で リモコンのデジタル登録のボタンを押し、登録で「決定」−「11」−「決定」とボタンを押せば、 11のポジションにBS11chが登録されます。BS12chも同じ要領です。

 最近では、最初から登録されていますが登録されていない時代のテレビの取説には、登録方法が記載されているはずです。

壁端子 CS24レベル
  マスプロ電工のDSKTD壁端子   CS24chの受信レベル

 CS24ch(2,053Mhz)での受信レベルの状況です。アンテナ → ブースター(地デジと混合) → 分配器 →  壁端子 → 分波器 → DVDレコーダー → テレビと繋がっていますが、CS24chまで 良好に受信出来ています。使用しているケーブルは「S−5C−FB」です。

このページの先頭へ

トップページ
アナログテレビ
地デジの受信
BSデジタル
アンテナ分配
液晶TV取扱注意
デジタル化テレビ
110度CS放送
壁端子作業
地デジのしくみ

 関連事項
 
壁端子作業の注意
 
スカパー!番組チャンネルとトランスポンダ

 テレビメーカー
 
パナソニック(ビエラ)
 
東芝(レグザ)
 
ソニー(ブラビア)
 
シャープ(アクオス)
 
三菱電機(リアル)
 

 
自己紹介


【送料無料】【在庫有】DXアンテナ レベルチェッカー LC50W (地デジ+BS+110度CS+LTE対応)

価格:34,220円
(2017/1/1 22:16時点)

【送料無料】マスプロ デジタルレベルチェッカー 信号レベル測定器 LCT4

価格:36,268円
(2017/1/1 22:12時点)